アリス=紗良・オット / Alice Sara Ott/ 100pianist.com

アリス・紗良・オット・ポートレート

1988年ドイツ人と日本人の両親の許ミュンヘンに生まれる。 4歳から本格的にピアノを学び、5歳で最初のコンクールに入賞。1995年ドイツ連邦青少年音楽コンクール優勝を皮切りに、97年スタインウェイ国際、98 年イタリア・リゲティ国際、99年ハンブルク音楽ホール、2000年グロートリアン・シュタインヴェーク国際、01年及び02年ミュンヘン・カール・ラング、03年リンダウ・ロータリー・ヤング・ミュージックの各コンクールで全て第1位受賞。2003年には権威あるケーテン・バッハ・コンクールで第1位と市長特別賞も獲得。2004年史上最高得点でイタリア・ピエネロ・デルヴァルティドーネ国際コンクール優勝、05年欧州ピアノ指導者連盟コンクールでも第 1位桂冠。2003年からバイロイト音楽祭に招かれ、ワーグナー愛用のピアノでリサイタルを開催、06年リストの超絶技巧練習曲全曲を演奏して奇跡を成し遂げたと評される。
 ミュンヘンのヘルクレスザール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、東京のサントリーホール等、世界の主要会場で出演を行っており、ライプツッヒ・バッハ音楽祭、チューリッヒ音楽祭、ザルツブルク音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭等著名フェスティバルへの招待も数多い。

  2008年11月ドイツ・グラモフォンから待望のCDアルバムをリリース。
現在、特別奨学生としてザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学のカール=ハインツ・ケマリンク教授に師事する。ミュンヘン在住。
  際立ったルックスから、日本でも口紅のCMに出演するなど、ビジュアル系ピアニストとしても注目度、No.1。
  ドイツ・グラムフォンから、3枚のCDを録音。 公式サイトからの演奏映像はこちら
  公演予定は、  

  アリス=紗良・オット公式サイト : http://www.alice-sara-ott.com/

2010年5月4日作成 2013年11月22日更新

アリス=紗良・オット : リスト:超絶技巧練習曲

アリス=紗良・オット : リスト:超絶技巧練習曲
2008年、『リスト:超絶技巧練習曲集(全曲)』(UCCG-1440)で衝撃のメジャー・デビュー 疾風怒涛のフレーズも、限りなく優しい静寂も、全ては思いのまま……。 しなやかな指先が紡ぐファンタジー。 20歳の超新星。アリス=紗良、デビュー! アリス=紗良・オット/リスト:超絶技巧練習曲集 アリス=紗良・オット(ピアノ) Alice Sara Ott, piano 録音:2008年6月 ハンブルク

    icon icon
難曲リストの「ラ・カンパネラ」の演奏映像をYou-Tubeから。

アリス=紗良・オット : チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

アリス=紗良・オット : チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
アリス=紗良・オットにとって、ガスタイクのホールでミュンヘン・フィルと共演することは6歳の頃からの夢。 その夢が叶った初共演、2009年11月15、17、18、19日の公演からチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番をドイツ・グラモフォンがライヴ収録。 リストのピアノ協奏曲第1番のセッション録音をカップリングして緊急発売!
チャイコフスキーとリストの協奏曲は日本公演でも過去に何度も取り組んだ得意のレパートリー。
思い切りのよい強靭なタッチ、華麗なテクニック、そして、表現者としての強い意志で個性的な演奏を披露してくれることでしょう。
10月にNDR北ドイツ放送交響楽団、11月にこのミュンヘン・フィル、12月にhr交響楽団(旧フランクフルト放送交響楽団)、そして2010年1月にはシンシナティ交響楽団……と次々にヨーロッパ・アメリカのメジャー・オーケストラとの共演が決まり、のりに乗っているアリス。今まさに飛躍のときです!
    icon
もう1曲、ベートーベンの「熱情」を映像で。

アリス=紗良・オット : ショパン:ワルツ集

アリス=紗良・オット : ショパン:ワルツ集 2008年、リストの超絶技巧練習曲集で華々しいメジャー・デビューを飾ったアリス=紗良・オットのセカンド・アルバム。来年生誕200年を迎えるショパンのワルツ全集。
21歳の天才ピアニストとして今年(2010年)「情熱大陸」で紹介された今最も注目されている新人ピアニスト。クラシック界に旋風を巻き起すフレッシュな演奏です。

     icon icon