小菅 優 / Yu Kosuge / 100pianist.com

小菅 優・ポートレート
  • NYカーネギーホール、ザルツブルグ音楽祭など世界の音楽シーンで高い評価を集めるピアニスト、小菅優。
  • 現在、ヨーロッパで、高度なテクニックと美しい音色、若々しい感性と深い楽曲理解で最も注目を浴びている若手ピアニストの一人である。
  • 特に、『ダイナミックな音楽表現』(ハノーファー紙)や『天使の翼の先端が頬に触れた瞬間を感じさせるピアニシモ』(フランクフルト紙)などの批評を得て、ヨーロッパの聴衆から熱狂的な支持を得ている。
  • 2000年、ドイツ最大の音楽批評誌「フォノ・フォルム」よりショパンの練習曲全曲録音に5つ星が与えられたほか、2002年に第13回新日鉄音楽賞 、2004年にアメリカ・ワシントン賞、2006年に第8回ホテルオークラ音楽賞、2007年に第17回出光音楽賞を受賞している。
  • 1983年東京生まれ。東京音楽大学付属音楽教室を経て、1993年よりヨーロッパ在住。9歳よりリサイタルを開き、オーケストラと共演している。ヨーロッパで研鑚を積みながら次々と演奏活動を重ね、その足跡はベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ウィーン、ザルツブルク、パリ、アムステルダム、ブリュッセル、チューリッヒ、モスクワ、アメリカなど、年に40カ所以上に及ぶ。
  • これまでに、国内主要オーケストラとの共演をはじめ、ベルリン交響楽団、フィンランド放送交響楽団、フランクフルト放送交響楽団、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー、メクレンブルク-フォアポメルン国立劇場オーケストラ、南ドイツ・フィルハーモニーコンスタンツ、サンクトペテルブルク交響楽団、シンガポール交響楽団、フランス国立放送交響楽団などのオーケストラと、また、小澤征爾、ルドルフ・バルシャイ、デニス・ラッセル・デイヴィス、ゲルト・アルブレヒト、アレクサンドル・ドミトリエフ、マックス・ポマー、オスモ・ヴァンスカ、ローレンス・フォスター、サカリ・オラモ、クリスティアン・アルミンクなどの各氏と共演している。
  • 2005/2006年シーズンは、日本で初めての自主リサイタルとサカリ・オラモ指揮フィンランド放送交響楽団との全国ツアーを行ったほか、11月にはニューヨークのカーネギーホールでデビュー・リサイタルも行い、高い評価を得た。2006年8月には、ザルツブルク音楽祭で日本人ピアニストとして2人目となるリサイタル・デビューを果たし、西村朗が小菅優のために書いた「カラヴィンカ」を世界初演したことでも話題になった。また、2007年4月には、小澤征爾指揮/新日本フィルハーモニー交響楽団との共演で絶賛を博した。
  •   室内楽にも積極的に取り組んでおり、加藤知子率いるリリア・アンサンブル、カール・ライスター、川崎雅夫、ポール・メイエ、樫本大進、庄司紗矢香、佐藤俊介らと共演するなど、着実に活躍の場を広げている。
  •   ザルツブルクをはじめ、ラインガウ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン、シュヴェツィンゲン・モーツァルト、メクレンブルク・フォアポメルン、オランダ、フランスのラ・ロック・ダンテロン、ナントのラ・フォル・ジュルネなど、多くの国際音楽祭からも招かれ各地で活躍している。
  •  小菅 優公式サイト : http://www.yu-kosuge.com/
  •  小菅 優レコード会社サイト : http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SR/YuKosuge/#
  •   チケットぴあ 

2010年5月4日作成 2013年7月28日更新

小菅 優 : メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番 他

小菅 優 : メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番 他

小菅 優 : リスト:超絶技巧練習曲

小菅 優 : リスト:超絶技巧練習曲
  • 国内外で注目を集めている小菅優は、83年東京に生まれ、ドイツで学び育った。日本人離れしたスケールの大きな音楽を奏でる彼女のソニー・デビュー盤はリストの「超絶技巧練習曲」全曲。
  • 1. 練習曲第1番ハ長調「前奏曲」
  • 2. 練習曲第2番イ短調
  • 3. 練習曲第3番ヘ長調「風景」
  • 4. 練習曲第4番ニ短調「マゼッパ」
  • 5. 練習曲第5番変ロ長調「鬼火」
  • 6. 練習曲第6番ト短調「幻影」
  • 7. 練習曲第7番変ホ長調「英雄」
  • 8. 練習曲第8番ハ短調「狩り」
  • 9. 練習曲第9番変イ長調「回想」
  • 10. 練習曲第10番ヘ短調
  • 11. 練習曲第11番変ニ長調「夕べの調べ」
  • 12. 練習曲第12番変ロ短調「雪あらし」
  • 視聴者からのコメントはこちらを
  • You-Tubeからベートーベン ピアノ協奏曲ト短調第4番作品58を フィンランド放送交響楽団(指揮:サカリ・オラモ)との共演。
  • (2005年10月22日NHKホール)の演奏映像を。

小菅 優 : ショパン: 24の前奏曲

小菅 優 : ショパン: 24の前奏曲リストに続く第2弾。「24の前奏曲」では前半部分はやや抑制した、冷静な弾き方に徹しているが、ライヴのように徐々に熱を帯び、曲によってはスケールの大きさもしっかりと披露してくれる。最後の夜想曲も若々しい抒情と繊細さにあふれた演奏。(CDジャーナル)
  • レコード芸術特選。
  • 1-24. 24の前奏曲op.28
  • 25. 前奏曲第25番嬰ハ短調op.45
  • 26. 前奏曲第26番変イ長調
  • 27. 夜想曲第20番嬰ハ短調

小菅 優 : ショパン:練習曲全集

小菅 優 : ショパン:練習曲全集
      
  • 16歳の時のみずみずしい演奏。
  •  1. 12の練習曲 作品10 第1番 ハ長調
  •  2. 12の練習曲 作品10 第2番 イ短調
  •  3. 12の練習曲 作品10 第3番 ホ長調 「別れの曲」
  •  4. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調
  •  5. 12の練習曲 作品10 第5番 変ト長調 「黒鍵」
  •  6. 12の練習曲 作品10 第6番 変ホ短調
  •  7. 12の練習曲 作品10 第7番 ハ長調
  •  8. 12の練習曲 作品10 第8番 ヘ長調
  •  9. 12の練習曲 作品10 第9番 ヘ短調
  •  10. 12の練習曲 作品10 第10番 変イ長調
  •  11. 12の練習曲 作品10 第11番 変ホ長調
  •  12. 12の練習曲 作品10 第12番 ハ短調 「革命」
  •  13-15. 3つの新しい練習曲 第1番
  •  16-27. 12の練習曲 作品25 第1番
  •  26. 12の練習曲 作品25 第11番 イ短調 「木枯らし」

小菅 優 : モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番

小菅 優 : モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
  • 初のコンチェルト・アルバムはオーケストラとの親密な対話がきこえてくる至福のモーツァルト!
  • 9歳よりドイツを中心に活躍を続け、その才能に世界が注目するピアニスト=小菅優。モーツァルト生誕250年の記念すべき年におくる待望のニュー・アルバムは、初のコンチェルト・レコーディング
  • 小菅優にとって欠かすことのできない最も大事な作曲家の1人というモーツァルトのコンチェルトをフォスター指揮北ドイツ放送交響楽団とともにみずみずしく奏でる。
  • 2005年7月録音。
  •  1-3. ピアノ協奏曲第9番変ホ長調 K.271「ジュノム」
  •  4-6. ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467