HMVジャパン

   
   
   

マルタ・アルゲリッチ / Martha Argerich / 100pianist.com

マルタ・アルゲリッチ・ポートレート1941年アルゼンチン生まれ。1965年ショパン国際コンクールに優勝。センセーショナルなデビューを果たす。
優れた生来の音楽性に裏打ちされた、奔放で力強いタッチの演奏は多くのファンをひきつけて止まない。

 1998年から別府アルゲリッチ音楽祭
 1999年からアルゲリッチ国際ピアノコンクール(ブエノスアイレス)
 2001年からブエノスアイレス・マルタ・アルゲリッチ音楽祭
と若手の育成に力を入れた活動をしている。
       icon icon  

2010年5月1日作成 2013年7月20日更新

マルタ・アルゲリッチ: The Collection, Vol. 1: The Solo Recordings [Box set] [Import] [from US]

Martha Argerich, The Collection, Vol. 1: The Solo Recordings [Box set] アルゲリッチのソロ演奏8枚組アルバム(輸入盤)
それがこの価格(3350円)でいいのだろうか。
若きアルゲリッチのソロも楽しめます。お買い得です。
今回の8枚組BOXセットは、1960年から83年の間に行われたソロ・リサイタルの様子をドイツ・グラムフォンがリマスター処理し、当時のLPジャケットを再現したスリーブを封入。さらに今回新たに写真やプログラムを掲載したブックレットが付属。現在手に入れることの出来るソロ・ピアノ作品では最高峰といえるBOXセット。
   
  YOU-TUBEから、
  ショパンコンクールのアルゲリッチのショパンのポロネーズ Op.53
 

マルタ・アルゲリッチ: The Collection, Vol. 2 - The Concerto Recordings [Box set] [Import]

Martha Argerich: The Collection, Vol. 2 - The Concerto Recordings [Box set] アルゲリッチの協奏曲集7枚組アルバム(輸入盤)
お買い得です。

ピアノ協奏曲演奏の頂点を示すアルゲリッチの名演の数々。DGデビュー盤にあたるアバドとのプロコフィエフ&ラヴェルから、やはりアバドと共演した最新録音のベートーヴェンまで、アルゲリッチのDG協奏曲録音を全て網羅した豪華内容です。名指揮者や実力派オーケストラに支えられながら、アルゲリッチが持ち前の硬質なタッチで、多彩で閃きに満ちた名演奏を繰り広げています。前作同様オリジナルLPジャケットのアートワークを使用したパッケージに新たにリマスタリングされた音で構成された魅力的なシリーズ第2弾。
   

マルタ・アルゲリッチ: ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 & チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

マルタ・アルゲリッチ: ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 & チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 1枚でこの組み合わせは、おすすめ。いずれもベルリン放送交響楽団との協演。
ラフマニノフ協奏曲第3番は、1982年12月リカルッド・シャイー指揮。
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番は、1980年キリル・コンドラシン指揮。
フィリップス・スーパーベスト100。Amazon,co.jp 900円とお買い得です。
      アルゲリッチの代表的な録音2つをカップリング。しかも両方ともライヴで、アルゲリッチの美質が遺憾なく発揮されている。30代後半の、奔放さと緻密さが見事に一体となった、天才ならではの快演。

マルタ・アルゲリッチ: 幻のショパン・レコーディング1965

ショパン名盤HQCD-1 幻のショパン・レコーディング1965アルゲリッチが1965年ショパン国際コンクールに優勝したコンクールの演奏。
ピアノソナタ第3番、3つのソナタ、英雄ポロネーズなど5曲を収録。
音質の良いHQCD版をおすすめします。

     icon icon

マルタ・アルゲリッチ: ショパン:24の前奏曲集

マルタ・アルゲリッチ: ショパン:24の前奏曲集ショパンの24の前奏曲と幻想ポロネーズ、英雄ポロネーズ、3つのソナタなど33曲を収録。
ドイツ・グラムフォンベスト1000。900円とお買い得です。
      icon icon
なお、上記のアルゲリッチ・ソロコレクション1にこのアルバムは入っています。

マルタ・アルゲリッチ: ショパン:ピアノ協奏曲第1番 & 第2番

マルタ・アルゲリッチ: ショパン:ピアノ協奏曲第1番 & 第2番ショパンのピアノ協奏曲第1番は1968年ロンドン・タウン・ホールでクラウディオ・アバド率いるロンドン交響楽団と収録。ショパンのピアノ協奏曲第2番は、ソ連から亡命してきたムスティフラフ・ロストロボーヴィッチ率いるワシントン・ナショナル交響楽団と1978年ワシントン、J.F.ケネディーセンターでの収録。
人気ピアニストNo.1、アルゲリッチの名盤。情熱的でスリリングな演奏は今も尚美しい色彩を放っています。
      icon icon
なお、上記のアルゲリッチ・ソロコレクション1にこのアルバムは入っています。